女性ホルモンを増やしてもっと美しくなれる

女性特有の「不安」「イライラ」の原因と緩和、解消法とは!

女性の「不安」「イライラ」の症状と原因は

心のエネルギー不足
原因がわからない不安に襲われたり、無気力になったり、落ち込んだり。。。
イライラして周りに八つ当たりしてしまい、後で後悔することも。
イライラすることは誰にでもあることです。
思い通りにならない時や、人間関係がうまくいってい ない時、仕事がうまくいっていない場合など、様々な ことが原因でイライラはおこります。


しかし、本人の意思とは全く関係なくイライラする場合もあります。
その原因には、精神バランスが崩れている時、ストレス、 睡眠不足などといったことが挙げられます。

他にもイライラすることと病気とは関係ないように見えて、実は体の中の女性ホルモンのバランスが崩れていたり、必要な栄養素が不足したりすることでも起こります。

不安は、神経が刺激を受け、自分の中に向かう内向性の状態です。
逆に、イライラは、神経が刺激を受け、外に向かう状態です。
症状のあらわれ方は様々ですが、意識の向かう方向が違うだけでどちらも神経が刺激を受けて不安定になっている状態で起こる症状です。

女性特有の不安、イライラなどの症状の原因として多いのは、月経前症候群による症状。毎月、生理前になると精神的に不安定になるのはつらいことです。
また、卵巣機能が低下して女性ホルモンのバランスが崩れると、心にうつの症状がでることがあります。
らうのが良いでしょう。トリートメントはセラピストとクライアントとの信頼関係が何よりも大事ですから。


精神的原因イライラ
原因は総称すれば自分の思い通りに事が運ばないときにイライラが生じています。具体的には恋人や友人、上司との仲いわゆる人間関係がうまくいかない、仕事が忙しい、気温が暑い、寒いなど原因は様々、これらは全てストレスになってしまいます。イライラの解消はストレスの解消と言っても良いでしょう。

解消法・・・精神を安定させる鎮静作用のある精油で沐浴や芳香浴をしてみましょう。鎮静作用のある精油はたくさんありますが私のお薦めはサンダルウッド・オレンジです。

身体的原因イライラ
①月経前緊張症(PMS)・・・よく生理前だからイライラするという症状です。ホルモンのアンバランスが原因とも言われています。

②更年期障害・・・閉経前後の女性に起こる女性ホルモン(エストロゲン)の減少に伴う精神的症状です。

解消法・・・ホルモン調整作用のある精油で沐浴・芳香浴をしてみましょう。ホルモン調整作用のある精油は心と身体を暖かくしてくれるマジョラムがお薦めです。

タッチングによる解消法
タッチングとは肌と肌との触れ合いで、自分が誰かに支えられているという安心感が生まれます。アロマテラピーの療法では、精油の成分とタッチングというトリートメントを通じて心身の不調を解消してくれます。精油の選択はカウンセリングでセラピストに決めてもらうのが良いでしょう。トリートメントはセラピストとクライアントとの信頼関係が何よりも大事ですから。

(不安・イライラの緩和、解消法)へ ⇒

inserted by FC2 system